蜘蛛の糸をのぼれば 極度のあがり症が治らない人へ 治った者からエールと治し方を書いていくブログ

幣ブログ管理人のカンダタです。 【蜘蛛の糸をのぼれば】にようこそ! 極度のあがり症がどうしても治らない人の数は予想を遥かに超えていた! しかしこの弱点を克服できないと大変なことになっていきます! 僕がどんだけ大変な思いをしてきたか! だからこのブログに体験談や克服方法を書いていきます!

カンダタのあがり症克服体験談 自信がない人に知ってもらいたいこと

f:id:kandatakumonoito:20181120085454j:plain

あがり症が長くなり、どうしても克服できない時間が続くと自信を失います。
僕も克服できるなんて思えなかったし、克服したいけれど、どうせ無理だろうなと諦めていました。
でも、長い人生を考えると、絶対にあがり症を克服しなければならないことは確かで、絶望の未来を考えてはため息をつく毎日でした。

 

未来がない……どう考えても苦しい将来しか考えられない。
これって絶望です。
努力が実らないことに落ち込み傷つき、エネルギーを失いました。
克服なんて絶対に無理だと潜在意識で自信を持っているのに、頑張って前を向いて進まなければならないことほどきついことはありませんでした。

 

あがり症が治る方法がないなんて、社会的な死を宣告されたものです。
会社づとめをしても、あがったらどうしようと怯えて、実際にあがったら死にたくなるほどショックを受けます。
人前で何かをやる場面を避け続けて仕事を選んでも、やりがいのない仕事だったり、給料が低い仕事だったり、ブラック企業だったり、社会の末端でただ命をつなぐために生きている悲惨さを味わいます。

 

でも!
いまあがり症で自分に自信を失っている人に知ってもらいたい!
僕でもあがり症を克服できました。
今では人前でもへっちゃらで発言できますし、冷静な脳みそでいられます。
潜在意識レベルからあがり症を退治できました。

 

だから、僕のあがり症克服体験談が、最高の薬(それも依存なし、副作用なし)になればうれしいことはないです。
僕があがり症でみなさんと同じように苦しんできて、やっとのおもいで克服できたことが、その経験がみなさんのお役に立てますことを。

 

もう逃げ続けなくても、怯えなくても、自己嫌悪に陥ることもありません。

 

それに他のやり方では一生かかっても無理だった、潜在意識の一番奥そこからあがり症を克服させられる方法もあります。
一人だけで戦わないでください(よけいあがって、とらわれて、こじらせます!)。