蜘蛛の糸をのぼれば 極度のあがり症が治らない人へ 治った者からエールと治し方を書いていくブログ

幣ブログ管理人のカンダタです。 【蜘蛛の糸をのぼれば】にようこそ! 極度のあがり症がどうしても治らない人の数は予想を遥かに超えていた! しかしこの弱点を克服できないと大変なことになっていきます! 僕がどんだけ大変な思いをしてきたか! だからこのブログに体験談や克服方法を書いていきます!

あがり症が治ったカンダタから、治らないままの人へおすすめの方法を教えます

f:id:kandatakumonoito:20181202121419j:plain

あがり症が治らないのは、頭の表面的なところでしか、あがり症対策ができていないからです。
文字通りの対策で、泥縄的対策だから、治らないんです。

 

たくさん頑張って対策をとってもあがり症が治らないということは、実はすごくや愛ことをしているんです!?
それはいつまでも根本的対策を取らずに、あがり症対策をすること自体、あがることへの執着を増やしているだけなんですね。

 

執着がなぜまずいかというと、
「あがったらどうしよう」
「あがらないようにしよう」
「緊張が周りにバレたどう取り繕おう」

などばかり考えてしまい、あがらないうちから予期不安を発生させちゃいます。

 

このとらわれた心こそ、潜在意識にあがる反射神経回路を組み込んでしまいます。
あがり症の一時しのぎの対策は必要ですが、同時に潜在意識から強力に自分の心に働きかけないと、執着だけになって緊張のことしか考えられなくなります。

 

それでは冷静な対策が取れるわけがなく、いつまでもあがり症が治らない原因になっています。
あがり症は潜在意識から治さないと意味がなかったし、僕はそれができてやっとあがり症が治ったので、間違いありません。

 

あがり症の薬もいつかは効果がなくなってしまいますし、自由で解放された心を取り戻すためにも、潜在意識から原因をなくしていくほうが、よっぽど解決は早いですよ。
逃げ続けないため、怯え続けないため、悔しい思いをしないためにも、根本解決を強力にしてみてください。

 

しかし、催眠療法や瞑想法で潜在意識に働きかけて書き換えしようとしても、これが本当に難しいです。
効果がありません。

 

その催眠療法や瞑想法を数多く受けてきた人が、最後の頼みとして受けるのがDream Art Laboratoryの岩波先生のあがり症克服プログラムです。
僕はこれであがり症が治ったんですが、抜群の効果があります。

 

99%の確率で初回から潜在意識へのアクセスが可能です。
それは岩波先生の能力が天才を超えて神の域に達しているからです。
僕が受けた頃の5倍以上は腕が上がっていると思います。
最高の潜在意識解決の救世主です。

もし根本的解決を図りたい人で、もう一時しのぎでは限界が来ていて、薬をのむことへの罪悪感を持っている人は、絶対に受けてみてください。
世界が変わる、と言ってぐらい、人間の脳と潜在意識の世界の奥深さに圧倒される体験をします。
そして、自由な解放された精神状態を味わえるようになりますし、もちろんあがり症の反射神経回路も破壊できたり、過去のトラウマも癒やすこともできます。
これらが文字通りの意味で可能なのは、日本中で岩波先生たった一人です。

 

岩波先生の技術を受けたら、圧倒的すぎるのでこれまでの治すための方法が何だったのかと思うぐらいになりますよ。

 

 

kandatakumonoito.hateblo.jp

 

 

kandatakumonoito.hateblo.jp

 

 

kandatakumonoito.hateblo.jp