蜘蛛の糸をのぼれば あがり症が治らない人へ治った人からエールと克服体験談を送るブログ

幣ブログ管理人のカンダタです。 【蜘蛛の糸をのぼれば】にようこそ! 極度のあがり症がどうしても治らない人の数は予想を遥かに超えていた! しかしこの弱点を克服できないと大変なことになっていきます! 僕がどんだけ大変な思いをしてきたか! だからこのブログに体験談や克服方法を書いていきます!

岩波英知先生の各プログラムの効果を大きく上げるためにすべきこと

僕が昔、岩波英知先生のプログラムを受けて、こうやったからさらに効果が倍増した、効果が出るのが早まったという経験を書いていこうと思います。

 

  • トランス呼吸法は必ず毎日やること。最低一時間、できれば二時間、三時間を目指すこと。

  • 緩みがとても大事になります。ストレッチで肉体的に緩ませることはもちろんですが、いちばん重要なのは、ストレッチをしながら脳内に緩みの体感をじっくりと味合わせること。

  • 人間が本当に緩むときは、緩んでいるときではなく、緊張状態を作ってから解放させた時です。解放されたときの弛緩状態をじっくりと目を閉じて、一人でいっちゃうぐらいにとことん脳内に味あわせてみてください。

  • 岩波英知先生の施術は非常に高度ですが、劇的すぎるため、受ける前はやっぱり緊張します。ただ先生に任せればいいのですが、任せられない場合があります(防衛本能が勝手に働いてしまった時)。
    それでもいつの間にか超越した意識の流れに入ってしまうのですが、それをよりスムーズに、恐怖なく、効果も倍増させるためには、施術の順番を待つのではなく、自分からやりたいと願い出ることです。なぜかというと、その積極的な姿勢が、自分の脳を変えてくれるからです。受け身でいるだけでは緊張するだけです。緊張や恐怖には自らの意思で飛び込む積極性が、それを打ち消してくれます。

  • すべての力を解放すること。生きていると誰もが力を入れて、頑張ってしまいます。特に悩んでいる人ほど頑張って気を抜かないで、自分を保とうとしますが、それが大きな間違いです。
    一度自分を守っている体の力、脳の力、神経の力をすべて捨て去って、真っ裸の精神状態で、力を解き放ってください。徹底的に緩んじゃうことです。どこかで自分で緩んじゃマズいと防衛本能が働きますが、そんな事知ったことじゃありません。さらに解放して、徹底的に力を抜いたままいっちゃってください。

  • 理性を働かせるすべてのものは、マイナスになります。理性は体と精神を緊張させちゃうので、理性を捨ててください。バカになることが何よりも大事です。理性を使いすぎると、逆に脳みそが働かなくなって、バカになれる人よりも大馬鹿者の使い物にならない人間になってしまいます。
    理性で得られる成果なんてみみっちいものです。あなたの理性はあなたを決して守ってくれません。

  • 人生には覚悟が大事です。傷ついているときほど覚悟ができなくなり、いかに守るか、いかに切り抜けるかばかりを考えてしまい、結局損をするはめになっちゃいます。
    覚悟できているときはバカになっているということなので、普段からそれを積み重ねていけば(同時に楽して切り抜けようとしないこと)、岩波英知先生の施術の時にも最高の精神的なコンディションで臨めるようになります。
    その効果はとんでもなく出てくれます。

  • 岩波先生が誘導したトランス状態の余韻が続いている時、冷静に理性的に戻る必要はありません。
    いい意味での混乱したような感覚、感情のまま、さらに浸ってください。
    もっと緩みきってもいいです。
    感情がわーっと出てきたらそのままでいいです。理性を使うことはありません。とことんまで自分を追い詰めましょう。ある一線を越えた時、人生が激変するほどの大きな効果が生まれます。
    ずっと抑圧してきた悪い感情の塊がドバーッと出てきます。その時は逆にとても快感なんです。根こそぎ悪いものがとれて、スッキリします。

f:id:kandatakumonoito:20180628202626j:plain

 

kandatakumonoito.hateblo.jp

 

 

kandatakumonoito.hateblo.jp

 

 

kandatakumonoito.hateblo.jp

 

 

kandatakumonoito.hateblo.jp